研修の内容

集合研修について

「ガイドライン」に示された7項目

「登録販売者の資質の向上のための外部研修に関するガイドライン」に示されている必須研修内容①~⑦に係る事項を網羅しております。

  1. ①医薬品に共通する特性と基本的な知識
  2. ②人体の働きと医薬品
  3. ③おもな一般用医薬品とその作用
  4. ④薬事に関する法規と制度
  5. ⑤一般用医薬品の適正使用と安全対策
  6. ⑥リスク区分等の変更があった医薬品
  7. ⑦その他登録販売者として求められる理念、倫理、関連法規等

集合研修カリキュラム

■6時間研修の主な内容

2019年度開催の講義内容予定
  • 講義1
  • 薬事に関する法規と制度
  • リスク区分を含む関連法規
    副作用の分類と対応
    相互作用と使用上の注意
  • 講義2
  • 胃腸薬の概念と成分①
  • 胃腸薬の成分と主な作用
  • 講義3
  • 胃腸薬の概念と成分②
  • 胃腸薬の種類と効能
    適正使用と安全対策からみた販売ポイント
  • 講義4
  • 接客応対&販売ロールプレイ
  • 登録販売者として求められる理念と倫理に基づく販売
    スキルマナー
    口頭説明&DVD視聴&販売ロールプレイ
  • テスト
  • 確認テスト
  • 確認テスト
    解答・解説

※休憩時間:各講義間に5~10分程度の小休憩、40分程度の昼食休憩があります。
※各講義時間および休憩時間は、講義終了時間により前後します。

合計12時間/年

講師について

アポプラスステーションの研修講師は、専門家(薬剤師、登録販売者)もしくは、企業に所属し研修業務に3年以上従事した経験者のうち、講師認定を目的とした資質確認テストに合格し、当社の認定を受けた講師によって行われます。

集合研修の形式

集合研修は、研修内容の品質確保の観点から、アポプラスステーションオリジナルテキスト及びパワーポイント、DVD(動画映写)と口頭解説を組み合わせて行います。
教材テキストと動画は、すべて監修を受けたものを使用します。